麻香 コーン形

日本の大きな神社などで行なわれる火祭り等では、麻の茎芯「麻殻・オガラ」を束ねて「たいまつ」にして、火をともします。
その炎と煙は場を清め、邪気を払うと伝えられています。


この方法をそのまま家庭で使いやすいようパウダー加工をしてインドネシアの香木「パロサント」の香りを混ぜ合わせて作ったお香です。パワーストーンの浄化にもご利用いただけます。




1袋20個入り。
※手作業で形を作っているため、多少の不揃いはご了承くださいますようお願い致します。

販売価格 1,080円(税80円)
在庫数 23
購入数


おすすめ商品


藍染め小物ポーチ

1,944円(税144円)


麻紙花お麻もり

2,700円(税200円)


About the owner

大森 芳紀

栃木県鹿沼市(旧粟野町)下永野生まれ 作新学院美術デザイン科卒業。 平成12年、実家の大麻農家に就農。後に麻を使った紙を作るため、麻紙漉きの修行に出る。 平成13年、野州麻紙工房を開き、創作活動を開始。 平成18年、麻の「Cafeギャラリー納屋」をオープン。

Top